豊富な品揃えと専門的知識で
日本人の食生活をプロデュースします。
日本で「魚をとる」という漁法の基礎が始まったのは、三世紀末といわれています。その後、日本古来の伝統漁法が発達し、現在では底引網が主流となっています。このような漁法の変遷を通じて人間が知恵を絞り、海と戦い魚をとるという行為のなかから私達日本人独特の感性、文化を生み出してきたのです。海が日本人の生活と文化を作り続けてきたと言っても過言ではありません。
KAINUMAは日本人の食生活と文化を大切に、少しでも多くの人に安くておいしい魚をお届けするために日夜努力を重ねています。

グローバルな視点から市場を見つめ
時代のトレンドを提案します。
一億総グルメ時代と言われて久しくなります。豊かになった日本人の食生活は多様化を極め専門化・高級化を志向しています。さらにヘルシー志向も加わり、今あらためて魚への注目度が増加しています。KAINUMAは、この消費動向の変化をその鋭敏なアンテナで的確にキャッチ。常に時代の先端を走り続け、業界をリードしています。日本人が古くから親しんできた魚を高鮮度のまま消費者にお届けし、また、多品種の品揃えによりどんなニーズにも対応できるシステムを早くから確立、さらに、来るべき21世紀に備え新たな分野への進出にも意欲を燃やしています。